イカナゴ資源回復計画作成推進事業

イカナゴ資源回復計画作成推進事業

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜
年度2012
概要【目的】「三重県伊勢湾・伊勢湾口海域における機船船びき網漁業の資源管理計画」による漁業者自らが行う資源管理が適正に実施されるために、仔魚分布調査、市場調査、夏眠魚調査を行い漁業者に必要な情報を提供する。  【得られた成果】
、平成24年 6月、7月の夏眠魚肥満度をもとに推定した総産卵量は1兆2920億粒(昨年1兆3000億粒)と、昨年と同程度であった。平成25年1月中旬のボンゴネットで採集されたイカナゴ仔魚の湾内平均採集尾数から推定した初期資源尾数は約205億尾であった。漁況経過(CPUEを用いたデルリー法)から今漁期の資源尾数を推定したところ、3月末時点での今漁期の資源尾数はおよそ185億尾と推定された。
研究分担鈴鹿水産研究室
予算区分国庫補助(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188755
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat