アユの冷水病等対策研究 、2.菌拡散防止技術開発

アユの冷水病等対策研究 、2.菌拡散防止技術開発

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜24
年度2012
概要河川放流用アユで実施されている冷水病菌の保菌検査は結果の確実性、迅速性および低コスト化が求められているなか、現行のPCR法の改良を行った結果、確実性は現水準を維持したまま検査時間は約3時間短縮され、コストは約1/2で実施できるようになった。
研究分担環境病理担当
予算区分国庫補助(農水省消費安全局)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188796
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat