花きの品質・生産性向上技術の開発

花きの品質・生産性向上技術の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間受託完(H24)・県単止(H22〜24)
年度2012
概要目的: スプレーギク栽培において、白熱電球代替光源を用いた電照栽培技術を開発するとともに、冬季の効率的な温度管理技術についても検討する。また、花壇苗等の花きについて、様々な波長の光に対する応答反応を明らかにし、それに基づいて、LED光源等を利用した生産性向上のための光の照射方法を開発する。
、成果:1)夏秋ギク型スプレーギク主要品種について、花成抑制に必要な電球色蛍光灯の光量を明らかにした。スプレーギクの2月開花作型において、穂の冷蔵処理により切り花長が長くなり、開花も促進された。
、2)3品目について赤色光と遠赤色光の混合照射が伸長・開花反応に及ぼす影響を調査した結果、ヒマワリでは茎伸長が、パンジーでは茎伸長と開花が促進された。ケイトウでは開花が抑制された。
研究分担栽培部
予算区分受託(独立行政法人)・県単
業績(1)遠赤色光、赤色光および青色光の混合照射がストックの生育・開花に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189215
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat