森林の循環利用に向けた管理技術の開発

森林の循環利用に向けた管理技術の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2012
概要目的
、1)長伐期施業に対応した森林管理技術の開発
、3)ヒノキ花粉症対策品種の創出
、4)高抵抗性マツの開発
、成果
、1)西牟婁・東牟婁管内の74〜111年生の高齢人工林16林分において毎木調査を行い、立木密度と平均直径、林分材積について検討を行った。
、3)他府県産花粉の少ないヒノキ品種と本県精英樹の人工交配試験を行った。現在人工気象器内で交配苗木の育苗を行っている。また、早期増殖手法の検討として、通常よりも小さな穂木を使った挿し木試験を行った。
、4)抵抗性マツ4品種同士の人工交配試験を行った。現在、球果成熟中。また、既存抵抗性マツのクローン毎にマツノザイセンチュウ接種検定を実施し、生存率を調査した。
研究分担経営環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189262
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat