アマゴ在来個体群の保護と遊漁利用を両立するための基礎調査

アマゴ在来個体群の保護と遊漁利用を両立するための基礎調査

県名和歌山県
研究機関名和歌山県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜24
年度2012
概要目的:アマゴ在来個体群の探索、把握を行うとともにアマゴ禁漁効果の検証をし、在来個体群保護と遊漁利用の両立を図るための基礎調査を実施する。
、[結果の概要]
、 禁漁区の1歳魚以上の生息密度が対照区に比べて高く、禁漁による効果はアマゴ個体群の中でも、特に2歳魚以上の保護に効果があることが示唆された。
、 アマゴ在来個体群の探索について、日高川および日置川においてサンプリングを行い、遺伝子解析を行った。その結果、日高川の6ヶ所および日置川の1ヶ所で在来個体群の存在が示唆された。
研究分担内水面試験地
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat