水稲・麦・大豆の病害虫防除技術の確立

水稲・麦・大豆の病害虫防除技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2012
概要目的;鳥取県の水稲・麦・大豆栽培において被害につながる病害虫を対象に、本県に最も適した効率的防除法および省力防除法を確立し、1)安定生産および高品質化、2)防除の省力・低コスト化、3)人と環境にやさしい農業の推進を図る。

、成果;水稲病害に対する新規微生物の効果を把握(特許出願予定)した。従来法に比べ省力的なフェロモントラップ利用による調査法が、フタオビコヤガの発生予察に有効であることを把握した。また、斑点米カメムシ被害の予測をフェロモントラップの利用で可能であった。温湯消毒と微生物農薬 との併用の防除効果を検討し、データ蓄積を行った。大麦網斑病に対して高い防除効果のある薬剤を把握した(平成24年度成果情報)。水稲害虫フタオビコヤガ防除に関して、有機栽培にも使用できる微生物農薬の有効性を確認した(平成24年度成果情報)。イネ紋枯病に対する新規育苗箱施用剤の防除効果およびフタオビコヤガに省力防除法について検討し、データ蓄積を行った。
研究分担環境研究室
予算区分県単
業績(1)保菌種球に対する温湯浸漬処理の処理時間がラッキョウ赤枯病の発病に及ぼす影響
(2)水田におけるアカスジカスミカメ合成性フェロモントラップとすくい取り法による捕獲消長の比較
(3)イネ紋枯病に対する新規育苗箱施用剤の防除効果
(4)合成性フェロモン剤を用いたアカスジカスミカメ被害予測法
(5)水稲有機栽培におけるイネミズゾウムシの耕種的防除体系
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189293
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat