水環境を守る肥料の低投入・低流出稲作技術の開発

水環境を守る肥料の低投入・低流出稲作技術の開発

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜25
年度2012
概要目的;湖山池に関しては近年、富栄養化物質であるリンや窒素が増加傾向にあり、農業分野においても環境負荷低減への貢献が求められている。そこで水稲作において、水環境の向上による環境保全型農業の推進と生産コストの低減を図ることを目的に、リン酸投入方法の改善および窒素・リンなどの富栄養化物質の流出低減技術を確立する。

、成果;土壌中の可給態リン酸量が異なる5ほ場を選定し、リン酸施用水準が異なる3処理を設け水稲栽培を行った。土壌中の可給態リン酸量が最も低いほ場においても、リン酸減肥区の収量、品質は慣行栽培と同等であり、施肥リン酸量低減の可能性が示唆された。また、リン酸施肥量を減らすことで田面水のリン含量が低減した。鳥取市金沢、堤見において、節水代かき栽培を実施したところ、移植精度、水稲収量・品質は慣行と同等であり、現地適応性は高いと考えられた。
研究分担環境、作物研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189298
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat