「鳥取地どりピヨ」の種鶏改良に係る交雑種鶏の血統固定化試験

「鳥取地どりピヨ」の種鶏改良に係る交雑種鶏の血統固定化試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜H27
年度2012
概要目的:「鳥取地どりピヨ」の生産性や品質の安定を図るため、鳥取県独自の地鶏種鶏群を作出する。
、計画:日本在来品種であるシャモ(軍鶏)とロードアイランドレッドとの交配により作出された交雑種鶏(GSR)を累代交配し血統的に固定化を実施する。
、成果:現在9世代目作出中である。体重は1から3世代目に減少したが4世代目以降増加傾向にあり、ばらつきの度合いも改善された。8世代目作成時から、線形計画法による交配選抜プログラムを作成し、近交に配慮した効率的な交配を行っている。また、地鶏らしい3枚冠の固定化は大きく進捗した。
研究分担環境・養鶏研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat