低コスト・高品質な高温乾燥材生産技術の確立

低コスト・高品質な高温乾燥材生産技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H22〜H24
年度2012
概要目的:乾燥前の含水率調整(天然乾燥)を行って人工乾燥に与える影響を調査し、乾燥材生産の低コスト化や高品質化の生産技術を開発する。
、成果:乾燥前の含水率調整を天然乾燥で実施する場合、その時の気候に大きく左右され、春・夏など高温・低湿の日が多い時期は乾燥が早く進み表面割れが生じやすいことが判明。また、冬期に行うと表面割れの抑制を行うことが出来、その後の人工乾燥コストの低減が可能であることが判明した。
研究分担木材利用研究室
予算区分都道府県単
業績(1)低コスト・高品質な高温乾燥材生産技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189360
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat