麦類奨励品種決定調査

麦類奨励品種決定調査

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(S28〜)
年度2012
概要本県に適応する麦類の優良品種を選定するため、基本調査の予備調査では、小麦9系統3品種、ビール大麦8系統、裸麦6系統1品種を、生産力検定調査では小麦1品種、ビール大麦1系統3品種を供試し、特性及び生産力を調査した。その結果、予備調査では、小麦の「きぬあかり、中国161号」、ビール大麦の「関東二条42号、栃木二条42号、九州二条23号、新田二条26号」、裸麦の「キラリモチ」を有望とした。生産力検定調査では、小麦「ふくほのか」を採用、ビール大麦「スカイゴールデン」を有望とした。
、現地調査では、気象条件の異なる3地域で小麦「ふくほのか」とビール大麦「スカイゴールデン」の適応性を調査し、「ふくほのか」は採用、「スカイゴールデン」は有望とした。
研究分担作物・経営
予算区分県単
業績(1)黒ダイズ品種「丹波黒」のセルトレイ育苗において種子の床置方向が出芽に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189496
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat