暖地少雨低地土水田におけるリン酸減肥指針の策定(施肥削減に向けた生産技術体系の開発)

暖地少雨低地土水田におけるリン酸減肥指針の策定(施肥削減に向けた生産技術体系の開発)

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(H23〜H25)
年度2012
概要土壌肥沃度に応じた適正な減肥指針を策定するため、土壌のリン酸及びカリウム肥沃度の異なる水田で、リン酸及びカリウムの施肥量を変え、水稲の収量・品質、土壌の化学性の変化を平成21年度から継続調査した。その結果、リン酸肥沃度及びリン酸施肥量を変えても、水稲の生育、収量、玄米品質、リン酸吸収量に差は認められなかった。なお、これらは過去3年間と同様の結果であった。カリウム肥沃度が低い水田でカリウムを無施用とすると、茎葉中のカリウム含有率が低下する傾向がみられたが、収量や玄米品質には処理区による差は認められなかった。しかし、このような区では茎葉中のナトリウム含有率が増加する傾向がみられた。4年間の試験結果を基に、リン酸減肥指針(案)を策定した。その内容は、水田へのリン酸施肥量を1)有効態(トルオーグ)リン酸含量が土壌100g当たり20mg以上の水田では無施肥、2)10〜20mgでは10a当たり5kg(現在の施肥指針の半量程度)、3)10mg未満では8〜11kg(現在の施肥指針)にするというものである。この減肥指針(案)と県内水田の土壌分析値を照らし合わせると、9割程度の水田でリン酸施肥量の削減が可能と判断された。
研究分担環境
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)岡山県における薬剤抵抗性マネージメント〜ブドウ褐斑病の事例を中心として〜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189542
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat