主要農作物をキサントモナス属病害から守る新規微生物農薬の開発

主要農作物をキサントモナス属病害から守る新規微生物農薬の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(H23〜H25)
年度2012
概要 キサントモナス属病害に防除効果を示す非病原性キサントモナス属細菌について、モモせん孔細菌病に対する防除効果を検討する。
、1)これまでの結果、「白鳳」「清水白桃」の葉や果実に対する防除効果が認められた。2)現地圃場における時期別の発病程度に関するコホート内症例対照研究の結果、6月上旬以降の発病程度と7月下旬の発病程度には関連性が認められ、6月上旬以降に少発生以上の発病程度があった圃場では、微発生以下の圃場に比べ、7月下旬に中発生以上になるリスクが高いことが示唆された。
研究分担病虫
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)EBC(Evidence-based Control)の概念とその実践- On-farm researchにおけるその重要性-
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat