酵素によるバイオマス有効利用法の研究開発

酵素によるバイオマス有効利用法の研究開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター生物科学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H24
、 〜H28
年度2012
概要未利用バイオマスである米、コラーゲン、ワインの搾りかす、酒粕に含まれるタンパク・多糖類・フィトケミカルの有効利用法を構築し、新産業創出につなげる。また、放線菌酵母(生産技術特許第4586149号)を利用して酵素を商業生産・応用への展開を図ることを最終目標とし、酵素の特徴付けを行う。
研究分担微生物工学
予算区分単県
業績(1)
、Preparation of hemicellulolic oligosaccharides from Chamaecyparis obtuse (Hinoki)
、slurry using commercial enzymes.

(2)
、Production of dipeptidyl peptidase IV inhibitory peptides from defatted rice bran.

(3)
、Identification of a calcium-binding site responsible for the thermal stability of
、actinomycete mannanase.

(4)
、「米糠ペプチドによる糖尿病予防への期待」

(5)
、「米糠由来の機能性成分の開発と抽出および実用化」

(6)
、Binding of bivalent ions to actinomycete mannanase is accompanied by conformational change and is a key factor in its thermal stability.

(7)
、Recombinant production and
、characterization of an N-acyl-D-amino acid amidohydrolase from Streptomyces sp. 64E6.

(8)
、Enzymatic production of ferulic acid from defatted rice bran by combination of bacterial enzymes
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189569
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat