沿岸域の栄養塩管理によるノリ色落ち対策

沿岸域の栄養塩管理によるノリ色落ち対策

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2012
概要吉井川・旭川・高梁川から海域に供給された栄養塩の動態から備讃瀬戸における窒素及びリンの循環フローを明らかにする。形態別の窒素と塩分の月変化を調査した結果、有機態窒素は夏季に増加し、冬季に減少すること、無機態窒素(DIN)は12月に最も高くなり、有機態窒素とDINは異なる季節変動を示すことが分かった。塩分と全窒素濃度(TN)の間には負の相関が見られ、TNは河川水の影響を受けて変化した。さらに、TNに対するDINの割合は20%以下であり、TNの30〜35%は生物が全く利用できない難分解性の溶存有機態窒素であることが分かった。
研究分担水圏環境室
予算区分受託(水産庁)
業績(1)備讃瀬戸に流入する河川水の広がりとノリ漁場への栄養塩供給
(2)硝酸塩センサーを用いたノリ漁場栄養塩モニタリング
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189603
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat