広島レモン利用促進技術開発プロジェクト

広島レモン利用促進技術開発プロジェクト

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要 レモンを周年供給および,低コスト対策(省力栽培技術)についての試験を継続中である。
、 周年供給対策として,長期貯蔵に適した果実の収穫時期と着果条件の影響を検討した。その結果,寒波に遭遇する前の12〜1月または4月に収穫すると貯蔵後の果実腐敗が少ないことを明らかにした。また,果実腐敗が少ない着果条件は,樹の南面または北面の中段の位置であった。
、 SSRマーカーを用いて「イエローベル」及びレモン品種等の遺伝子型を決定し,系統樹を作成した。また,SSRマーカーにより容易に品種識別が可能である。
研究分担広島レモン利用促進プロジェクトチーム
、食工技C
予算区分県単
業績(1)わい性台木を用いたレモンの主幹形仕立が収量,作業時間および生育に及ぼす影響
(2)夏季の1日当りの点滴かん水量の違いがレモンの果実形質とTDR値に及ぼす影響
(3)核SSR及び葉緑体DNA配列によるレモンおよび香酸カンキツ類の多様性解析
(4)夏季の乾燥処理がレモンの夏秋季の開花に及ぼす影響
(5)カンキツ‘イエローベル’の着花および着果に及ぼす窒素およびカリウム施用の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189652
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat