早期優良遺伝子診断技術の検討

早期優良遺伝子診断技術の検討

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24
年度2012
概要目的:体外受精卵の優良遺伝子診断に必要な最小剥離細胞数の検討と細胞剥離を行なった胚本体(移植用胚)の品質調査をする。
、成果:体外受精後5日目の剥離細胞による遺伝子診断では,診断に用いる剥離細胞の個数が多いほど一致率が上昇した。剥離する細胞の個数が1〜5個程度であれば,移植用胚の品質には影響を及ぼさなかった。
研究分担育種繁殖研究部
予算区分県単
業績(1)遺伝子情報を活用した広島牛のブランド力強化への展望
(2)遺伝子情報を利用した特色ある「広島牛」づくりの取組について
(3)遺伝子情報を利用した特色ある「広島牛」づくりの取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189660
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat