木質材料の改質・高機能化技術の開発

木質材料の改質・高機能化技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間止H24
年度2012
概要[目的]
、 将来生産量の増加が見込まれる県産材の利用拡大が大きな課題である。そこで,高機能(寸法安定性,耐候性,耐久性)を付与した木質材料を化学修飾のアセチル化により環境への負荷が低い木質材料の技術開発を行い,住宅用部材やエクステリア製品,土木部材等への利用拡大を図る。
、[全体計画]
、 県産のスギ・ヒノキの気相アセチル処理による実用化コストでの試作品の作成
、[研究の成果]
、 不燃木材の研究に特化することとしため,研究を中止した。
研究分担林業研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat