地域植物資源によるバイオフューミゲーションを基幹とした温暖地有機野菜生産体系の高度化 、 中山間地域の少量多品目産地における廃棄未利用資源の循環技術の検証と評価

地域植物資源によるバイオフューミゲーションを基幹とした温暖地有機野菜生産体系の高度化 、 中山間地域の少量多品目産地における廃棄未利用資源の循環技術の検証と評価

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21-24
年度2012
概要目的:病害虫対抗機能を持つ植物を土壌に混和・密封し還元状態とする方法(バイオフューミゲーションと土壌還元消毒の組み合わせ効果)による、効果持続性の高い土壌消毒法を実用化を目指す。 内容等:バイオフューミゲーションの実施方法とその効果についてとりまとめた。
研究分担本部・農業技術部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189703
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat