近年温州ミカンで問題となる秋期のハナアザミウマ類・小黒点症状の防除対策の確立

近年温州ミカンで問題となる秋期のハナアザミウマ類・小黒点症状の防除対策の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-26
年度2012
概要目的:近年、西日本のミカン産地において、極早生・早生温州の着色期に多数のハナアザミウマ類が飛来し、果皮を吸汁して大きな被害を出す事例が多発している。山口県においても、平成21年に大島郡において激発し、22年も地域によっては多発生したが、被害発生が少ない産地もあり、発生実態が明らかでない。また、近年、温州において、小さい黒点症状で黒く汚れて見える果実が秋期に多く発生し、商品化率の低下が問題となっている。
、そこで、これら近年秋期に急に発生が目立ってきた病害虫について、山口県における被害の状況、関与する病原菌や
研究分担農業技術部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189711
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat