県内の食品循環資源を活用した肉豚肥育用飼料の開発

県内の食品循環資源を活用した肉豚肥育用飼料の開発

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:県内の食品循環資源の飼料的特徴を解明し、飼料米等の県内産飼料と組み合わせた肉豚肥育用飼料を開発する。
、成果:乾麺と飼料米を組み合わせて市販配合飼料に混合し、肥育期の全期間給与した場合、発育に問題はないが、乾麺の配合割合が20%の時に上物率が低下した。食品循環資源等100%の自家配合飼料を肥育期の全期間給与した場合、飼料摂取量、DG、上物率が低下したが、飼料費は低減された。
研究分担畜産技術部
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189774
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat