育林の低コスト化を可能にする革新的な徳島スギ大苗生産技術の開発(2)

育林の低コスト化を可能にする革新的な徳島スギ大苗生産技術の開発(2)

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター森林林業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完21〜24
年度2012
概要ポリポットを利用したスギ大苗の生産技術を開発する。
研究分担キノコ生産担当
予算区分県単
業績(1)再造林低コスト化を目的とした スギ大苗の植栽について
(2)スギ大苗の低密度植栽試験について(第1報)
(3) スギポット大苗の低密度植栽試験について
、(植栽後2年の経過とシカ食害)

(4)新たな育苗ポット“スギバーク成型ポット”の開発
(5)スギ大苗を効率的に生産する方法
(6)徳島スギ次世代更新技術の開発
(7)スギ再造林の低コスト化を目的とした育林コスト予測手法及び適地診断システムの開発
(8)高機能ポット苗量産技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030189912
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat