環境に優しい農業生産活動推進事業(アスパラガス総合防除技術の開発)

環境に優しい農業生産活動推進事業(アスパラガス総合防除技術の開発)

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:アスパラガスについて、根域制限育苗による土壌病害回避技術、持続的な防除技術が期待できる広食性天敵等の利用を中心とした病害虫防除技術を確立する。
、成果:総合防除区は、紫外線カットフィルムと防虫ネットを展張したハウスで、発生初期にスピノサド剤を用いて防除し、その後、広食性天敵スワルスキーカブリダニを放飼した。その結果、7月上旬までは慣行防除区と比べアザミウマの増殖をよく抑えたが、それ以降は発生を抑えることができなかった。スワルスキーカブリダニはアスパラガスでの増殖が十分でなく、根域制限袋育苗における土壌病害軽減技術との組み合わせが必要であると考えられた。
研究分担環境安全室
予算区分国補1/2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190083
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat