土佐あかうしの産肉特性に関する研究

土佐あかうしの産肉特性に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H25〜H27
年度2012
概要目的:近年、和牛の脂肪に含まれるオレイン酸量が牛肉の「おいしさ」の指標の一つとして注目されている。本県の褐毛和種高知系土佐あかうしの「おいしさ」を客観的、具体的のデーターで把握し、他の和牛との違いや強みを明確にした評価基準を作成することにより、土佐あかうしのブランド化を進め、消費者に求められる特色ある牛肉作りを進めていく。また、土佐あかうしの小ザシ指数やSCD遺伝子と、系統、血統との関係を明らかにし、土佐あかうしの特色をより活かす育種・改良を行う。
研究分担大家畜課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190232
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat