新たな市場ニーズに対応した建築用材の安定供給に関する研究

新たな市場ニーズに対応した建築用材の安定供給に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2012
概要目的:県産木材の中核的な品質管理・物流拠点システムを想定し、ストックヤード、ピッキングヤードにおける品質・在庫管理と2次乾燥による含水率管理の効率的な連携方法について検討し、初年度となる本年は、2次乾燥倉庫内における管理用含水率計の開発とその性能について検証した。
、成果:データ管理機等の改造を施したものを最終仕様として試作し、全乾含水率30%以上では、マイクロ波出力の関係上、計測値が頭打ちになることから、測定限界を含水率30%未満とした。また、全乾法による含水率と試作含水率計測定値の関係は、日本住宅・木材技術センターの携帯型含水率計の性能基準に適合していることを確認した。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190235
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat