麦の病害虫に関する研究 、1)小麦赤カビ病かび毒蓄積量予測技術の開発

麦の病害虫に関する研究 、1)小麦赤カビ病かび毒蓄積量予測技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜H24
年度2012
概要 これまでの試験結果から、開花期の葯からの赤かび病菌の分離頻度とDON濃度の間に高い正の相関が認められ、かび毒蓄積量予測の可能性が示唆された。また、小麦の赤カビ病感染確認の有無を迅速に確認できる手法を開発した。
、 これらの成果はコムギ赤かび病の防除要否モデル開発に役立ち、減農薬除技術開発の資料として活用できる。
研究分担病害虫部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)コムギ葯の赤かび病菌感染率と発病穂率、発病度及び子実のかび毒デオキシンイバレノール汚染との関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190321
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat