果樹・茶の生産環境に関する研究(カキ) 、1)カキ害虫の土着天敵を誘引する資材と利用技術の開発

果樹・茶の生産環境に関する研究(カキ) 、1)カキ害虫の土着天敵を誘引する資材と利用技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2012
概要 現地農家カキ園を用いた試験で、フジコナカイガラムシの性フェロモン剤による交信撹乱防除と土着天敵のフジコナカイガラクロバチを用いたIPM体系の効果を実証した。また、新規の天敵誘引剤の効果を検証した。
、 これらの技術は土着天敵を活用した害虫防除技術の確立に役立ち、減農薬栽培による安心・安全な農作物生産に寄与できる。 
研究分担病害虫部
予算区分県単
業績(1)現地カキ園における寄生蜂誘引物質のフジコナカイガラムシに対する防除効果
(2)A new approach for mealybug management: recruiting an indigenous, but ‘non-natural’ enemy for biological control using an attractant
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat