果樹・茶の競争力をより高める生産・流通加工技術の開発 、2)カキ「秋王」の早期大量増殖、早期成園化および品種識別技術の開発

果樹・茶の競争力をより高める生産・流通加工技術の開発 、2)カキ「秋王」の早期大量増殖、早期成園化および品種識別技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:「秋王」について、苗木育成用穂木を早期大量確保できる技術と、早期成園化技術を開発する。
、成果:加温条件下で2月(休眠枝)と7月(緑枝)の2回接ぎ木により慣行の3倍量の接ぎ穂が獲得できた。「秋王」は1年生苗より2年生苗を定植した方が樹冠拡大が早かった。満開10日後のジベレリン処理により結実確保できた。
研究分担果樹部
予算区分県単
業績(1)種なし完全甘ガキ‘福岡K1号’の育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190350
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat