新技術を用いた乳房炎防除技術の確立 、1)天然糖類トレハロース給与による周産期乳房炎の予防技術

新技術を用いた乳房炎防除技術の確立 、1)天然糖類トレハロース給与による周産期乳房炎の予防技術

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継24〜
、27
年度2012
概要目的:乳牛は分娩前後の酸化ストレスが乳腺免疫に悪影響を及ぼすことから、強い抗酸化活性を有する天然糖類トレハロース給与による周産期乳房炎防除技術を開発する。 
、成果:トレハロースを毎朝1回飼料に添加しても抗酸化活性は上昇しないが、朝夕2回に分けて200g(100g×2回)添加すると酸化ストレスを低減することが示唆された。
研究分担家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190356
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat