果樹・茶の生産環境に関する研究 、1)温州萎縮ウイルスグループによる感染被害の解明とウイルス無毒化技術の開発

果樹・茶の生産環境に関する研究 、1)温州萎縮ウイルスグループによる感染被害の解明とウイルス無毒化技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:温州萎縮ウイルスグループによる感染被害を解明するとともに、断続熱処理を利用した、効率的なウイルス無毒化技術を開発する。
、成果:果実にモザイク症状を示す「日南1号」と舟形葉を示す「福岡3号」からカンキツモザイクウイルスを検出した。温州萎縮ウイルスグループの検出にはSDVクロマトキットがELISAより優れることが明らかとなった。ウイルス無毒化では、断続熱処理によりSDVでは0.3〜4.0mm、ASGVでは0.5〜0.6mmの茎頂接ぎ木でウイルスが無毒化できた。
研究分担果樹苗木分場
予算区分受託
、(農林水産省)
業績(1)冬季における切り枝水挿し法による温州萎縮ウイルスとリンゴステムグルービングウイルスの診断
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat