果樹・茶の競争力をより高めるための生産・流通加工技術の開発 、1)キウイフルーツ優良台木の育成

果樹・茶の競争力をより高めるための生産・流通加工技術の開発 、1)キウイフルーツ優良台木の育成

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜24
年度2012
概要目的:キウイフルーツにおけるアレロバシー活性を判定し、連作障害対策としてアレロバシーに強い台木を選抜する。
、成果:活性炭を添加することにより検定植物の生育が促進したことから、アレロパシーの関与が判明した。検定培地で生育の良かった「サルナシ月山×メイリー」、「マタタビ op」、「レッドプリンセス×メイリー」、「香粋×メイリー」を有望系統と判定したが、連作圃場での選抜には至らなかった。
研究分担果樹苗木分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190398
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat