新農薬効果薬害受託試験

新農薬効果薬害受託試験

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間H10〜
年度2012
概要目的:新規開発農薬の効果を検証し,農薬登録の一助とするとともに,既登録薬剤を用いた防除技術の改善を図り,県の病害虫防除のてびきに反映させる。

、成果:1)ジャガイモのハスモンヨトウ駆除剤の効果を明らかにした。2)タマネギ乾腐病に対する数種殺菌剤の効果を明らかにした。3)タマネギのアザミウマ類駆除剤およびべと病予防剤に対する各種展着剤の加用効果は判然としなかった。4)カンキツ果実腐敗予防剤の耐雨性を明らかにした。5)ハウスミカンのハダニに対するデンプン製剤および食品添加物製剤の効果は不十分であった。6)カンキツの灰色かび病,黒点病,かいよう病に対する数種予防剤の効果を検討し,有効な薬剤を見出した。
研究分担研究部
、畜産・果樹研究担当
予算区分受託
業績(1)ICPによるマンガンを指標としたマンゼブの簡易分析
(2)ベンゾイミダゾール系薬剤散布前のカンキツ園から分離された青かび病菌Penicilliumitalicum のベノミルに対する感受性
(3)Sooty spot caused by Cladosporium cladosporioides in postharvest Satsuma mandarin grown in heated greenhouses.
(4)Identification of potato scab-causing Streptomyces sp. occurring in strongly acidic soilsin Saga Prefecture in Japan.
(5)First report of Phytophthora palmivora as a causal pathogen of citrus brown rot in Japan.
(6)Emergence and frequency of highly benzimidazole-resistant Colletotrichum gloeosporioides, athogen of Japanese pear anthracnose, after discontinued use of benzimidazole.
(7)強酸性土壌でのStreptomyces acidiscabies によるジャガイモそうか病の発生と病原菌の諸性質
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190480
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat