ケンサキイカ資源増大のための技術開発研究

ケンサキイカ資源増大のための技術開発研究

県名佐賀県
研究機関名佐賀県玄海水産振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜28
年度2012
概要目的:飼育実験(陸上水槽での飼育試験)や資源学的手法(平衡石分析)により、ケインサキイカの繁殖、回遊等の生態を解明し、ケインサキイカの資源変動要因の解明と資源回復対策に資する。
、成果:飼育実験では、天然プランクトンを餌料とし、飼育環境として飼育容器の色彩を比較したところ、黒、橙での飼育例で生残率が良かった。この試験を通じて、最長65日間の飼育を行うことができた。
研究分担資源研究担当
予算区分県単
業績(1)ケンサキイカ孵化稚仔の65日令までの人工飼育
(2)産卵実験によるケンサキイカの産卵基質粒径選択性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190599
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat