御島_の後継品種育成に向けた有望系統育成

御島_の後継品種育成に向けた有望系統育成

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間終H20〜24
年度2012
概要 御島_は長崎県産麦で唯一の独自育成品種であり高級味噌原料として実需者のニーズは非常に高い。しかし、栽培特性が悪く収量が不安定なことから「御島_」の後継品種育成に向けた有望系統の育成を図る。
、 平成23年度は、平成21年に作出した93系統から長崎県産麦育成研究会裸麦分科会の検討を経て9系統を選抜した。また、平成22年に作出した552系統(半数体育種法:360系統、突然変異:192系統)から81系統を選抜した。
研究分担作物研究室
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190631
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat