気象災害に強い果樹の樹体管理技術の開発

気象災害に強い果樹の樹体管理技術の開発

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜24
年度2012
概要目的:ビワの潮風害を軽減し、樹勢を回復させる技術及び寒害を軽減するための栽培法を開発する。また、早期落葉により発生するナシやスモモの再発芽や不時開花の発生要因を解明し発生を軽減する樹帯管理技術を開発する。
、成果:1)ビワの潮風害軽減にマシン油およびワックス剤の散布が有効なことを明らかにした。2)ビワ樹体上部に赤外線反射効果の高い資材を展張することで寒害軽減に効果があることを明らかにした。3)ナシではバウンティイフロアブル又はアブシジン酸含有資材を事前散布することで早期落葉後の再発芽および不時開花を抑制することを明らかにした。
研究分担ビワ・落葉果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190721
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat