新規需要米におけるウンカ類の被害防止技術の確立

新規需要米におけるウンカ類の被害防止技術の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜H25
年度2012
概要目的:ウンカ類の発生に好適な品種である新規需要米でのウンカ類の発生生態を解明し防除対策を確立する。
、成果:インディカ種由来の品種はウンカの発生量が多い。最も被害が問題となるトビイロウンカについては、プリンス粒剤またはチェス粒剤の移植時処理の効果が高く、また、本田での粒剤処理の効果も高い。
研究分担生産環境・病害虫
予算区分県単
業績(1)飼料用米ほ場におけるトビイロウンカおよびセジロウンカの被害リスク
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat