自給飼料の機能特性を活用した暑熱期における豚の繁殖性の改善

自給飼料の機能特性を活用した暑熱期における豚の繁殖性の改善

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2012
概要目的:自給飼料を基盤とした畜産物の高付加価値化を図るため、豚への飼料用米の給与技術について検討した。また、暑熱環境下の豚では体内の酸化ストレスが増加し、種雄豚では精子活力の低下、母豚では受胎率の低下により産子数が減少する。そこで必須アミノ酸であるリジンをトウモロコシよりも多く含んでいる飼料用米と抗酸化能のある米焼酎粕濃縮液を併給し、暑熱環境下にある繁殖母豚の繁殖成績の低下防止への効果について検討した。
研究分担畜産・中小家畜
予算区分受託(大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190824
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat