オリジナルカンキツの効果的肥培管理技術の確立

オリジナルカンキツの効果的肥培管理技術の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜H25
年度2012
概要本県で開発した珠心胚実生系温州ミカンの安定生産と低コスト生産技術の開発が求められている。そこで、温暖化の影響も踏まえて、年間施肥量の見直しや低コスト化のための指標を確立するため、秋肥の施用時期、資材、方法の違いが樹体貯蔵養分、着花・果、樹勢に及ぼす影響を明らかにし、効果的な秋肥施用技術を確立する。年間の窒素施肥量の削減が樹体、収量、品質に及ぼす影響を明らかにし、削減の可能性を検討した。
研究分担果樹・病虫化学
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190859
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat