仔稚魚モニタリング調査

仔稚魚モニタリング調査

県名熊本県
研究機関名熊本県水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間
、継H23〜27
年度2012
概要【 目的 】県内海域の特性及び漁業実態に対応した栽培漁業及び資源管理型漁業を推進する基礎データを収集する目的で、資源の発生初期の状態である浮遊期仔稚魚の調査を行う。
、【 成果 】
、・有明海・八代海、天草西海において、本県有用魚種の浮遊期仔稚魚の発生量及び分布状況の調査を行い、継続データの整理を行った。(今後、本調査結果について効果的な情報提供を行っていく予定である。)
、・カタクチイワシ(シラス)の出現条件について基準となる条件が得られた。
研究分担資源研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat