西日本一の夏秋ピーマン産地の土台を支える技術の確立 夏秋ピーマンにおいて近年顕在化したタバコガ類と白絹病に対する防除技術の確立

西日本一の夏秋ピーマン産地の土台を支える技術の確立 夏秋ピーマンにおいて近年顕在化したタバコガ類と白絹病に対する防除技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2012
概要目的:タバコガ類についてはトラップ誘殺数と環境条件から新たな調査基準を策定し、有効な防除適期を検討する。白絹病については発生実態について明らかにするとともに、防除技術の確立を図る。
、期待される成果:タバコガ類の種構成、発生予察手法、越冬場所等が明らかになり、防除対策が確立される。白絹病の発生実態が明らかになるとともに、防除対策が確立される。
研究分担病害虫チーム
予算区分県単
業績(1)夏秋ピーマンにおけるスワルスキーカブリダニの主要微小害虫に対する防除効果と硫黄粉剤畝上散布が密度に及ぼす影響
(2)夏秋ピーマンにおけるタバコガ類の発生予察基準策定に向けた取り組み
(3)夏秋ピーマンにおけるスワルスキーカブリダニの微小害虫に対する防除効果およびピーマン花数とスワルスキーカブリダニ密度の関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190901
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat