病害虫発生予察事業

病害虫発生予察事業

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間長期
年度2012
概要目的:植物防疫法に基づき県内の農作物への病害虫の発生状況を把握し精度の高い発生予察情報を提供し、適期防除等の指導を行うことで病害虫の発生を防止する。
、期待される成果:県内全域の病害虫の発生状況が関係機関を通して農業生産者に伝わり、適期防除に活かされる。また、ウンカ、カメムシなど重大な被害を招く害虫の発生を警戒することで、大きな農業被害を防ぐことができ、農業生産額の安定に大きく寄与する。
研究分担病害虫チーム
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)大分県におけるQoI剤耐性イネいもち病の発生
(2)大分県におけるダイズ紫斑病耐性菌の発生実態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030190910
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat