受精卵移植利用きょうだい検定事業

受精卵移植利用きょうだい検定事業

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継続S
、62〜
年度2012
概要  産肉形質の推定育種価が高く、繁殖成績等の良い優秀な繁殖牛を供卵牛として導入し、受精卵移植技術を利用して、確実に雄牛を生産し、早期にまた効率的に種雄牛造成を行う。
、成果:1)延べ17頭(9セット)から採卵し、124個の正常卵を得た。2)また、延べ66頭(7セット)に移植を行った。3)現在、待機種雄牛として1頭が繋養されており、試験交配が終了した。
研究分担肉用牛部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030191123
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat