原木シイタケの生産技術向上に関する研究

原木シイタケの生産技術向上に関する研究

県名宮崎県
研究機関名宮崎県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜28
年度2012
概要目的:原木シイタケの生産に係る作業強度の軽減や単位収量の増大を図るため、地域に適合した新たな栽培技術を確立する。
、成果:1)寒冷紗とほだ木間に笠木を敷設することで適正な温度環境を維持できることが分かった。2)原木林の除伐や施肥は、その後の発生量に影響を与えることが分かった。3)ほだ木齢の違いにより発生操作時期が異なることが分かった。
研究分担特用林産部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030191186
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat