宮崎産ブルーベリー葉の新たな機能性を付与した健康飲料の開発 、(産学官共同研究推進事業 R&D :H23〜H24)

宮崎産ブルーベリー葉の新たな機能性を付与した健康飲料の開発 、(産学官共同研究推進事業 R&D :H23〜H24)

県名宮崎県
研究機関名宮崎県食品開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜24
年度2012
概要これまでに、メタボリックシンドローム効果を有する可能性が示唆されているが、プラスαの機能性として、抗アレルギー作用、二日酔い予防効果を評価することによってブルーベリー葉の機能性を確固たるものにする。
、さらに、これらの研究と並行して、主原料となるエキス原料の加工方法を確立し、生産コストの低減を図るとともに、ブルーベリー葉の機能性を有する飲料の開発を進める。
研究分担食品開発部
予算区分受託
、(地方公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030191216
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat