熱帯作物の花型決定に関係する遺伝子の探索 

熱帯作物の花型決定に関係する遺伝子の探索 

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2012
概要単位面積当たりの生産力向上を目指す目的で、雌雄異株であるパパイヤと雌雄同体異花のニガウリの花型決定に関係する遺伝子探索並びに花型特異的DNAマーカーによる選抜システムの開発を目指す。
研究分担研究企画班
予算区分特定財源
業績(1)Digital Transcriptome Analysis of
、Putative Sex-Determination Genes in Papaya (Carica papaya).

(2)Genomic Structures and Expression Patterns of MADS-box Gene Located on Y and Yh Chromosomes of Papaya.
(3)ニガウリ雌性型SNP マーカーの作出
(4)High-throughput SuperSAGE 法によるニガウリ花芽のトランスクリプトーム解析
(5)パパイアYh、Y 染色体の配列構造の比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030191393
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat