次世代沖縄ブランド作物特産化推進事業 、(1)沖縄ブランド農産物の流通・加工技術開発 、2)沖縄ブランド農産物の特性評価 、(2) ニガウリ及びマンゴーの特性評価

次世代沖縄ブランド作物特産化推進事業 、(1)沖縄ブランド農産物の流通・加工技術開発 、2)沖縄ブランド農産物の特性評価 、(2) ニガウリ及びマンゴーの特性評価

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24-26
年度2012
概要成分分析値と官能評価の評点を用いた主成分分析の結果、九州沖縄産のニガウリは2グループに分かれ、沖縄産は宮崎産と同グループに位置した。第1主成分において因子負荷量が大きかったのは、アスコルビン酸、ポリフェノール、抗酸化、苦味、後味、ゴーヤらしさであった。
研究分担農業システム開発班
予算区分委託(中村学園大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030191416
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat