イ きのこ類等の遺伝資源の収集、保存及び配布

イ きのこ類等の遺伝資源の収集、保存及び配布

課題番号2012020495
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(6) 林木等の遺伝資源の収集、保存及び配布並びに種苗等の生産及び配布
大課題(6) 林木等の遺伝資源の収集、保存及び配布並びに種苗等の生産及び配布
中課題イ きのこ類等の遺伝資源の収集、保存及び配布
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要<研究内容>
きのこ類等の遺伝資源について、概ね100点を探索・収集し、増殖・保存及び配布を行う。
<成果の概要と活用>
野生きのこ、食用きのこ、昆虫病原菌、樹木病原菌、木材腐朽菌及び菌根菌の森林微生物遺伝資源(菌株)を収集し、森林総合研究所森林微生物研究領域菌株保存室に保存すると共に利用に供した。収集・保存した菌株は、合計100点である。このうち樹木病原菌、木材腐朽菌32菌株については遺伝子の一部を読んだり、病原性のテストを行うなどの特性評価試験を行った。なお、平成23年度に収集した菌株については、森林総合研究所ホームページ上にある微生物遺伝資源データベースに公開した。またこれまでに収集した菌株については、23年度に収集した菌株と同様にデータベース上で公開し、配布業務を実施しているが、平成24年度の配布希望はなかった。
研究分担篠原健司
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203283
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat