(ウ)水産資源の合理的利用技術の開発

(ウ)水産資源の合理的利用技術の開発

課題番号2012020499
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ア.我が国周辺及び国際水産資源の持続可能な利用のための管理技術の開発
中課題(ウ)水産資源の合理的利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要代表的な漁業混獲海鳥について、クロアシアホウドリは拾い食い食性が強いのに対しコアホウドリは拾い食い以外に自力で潜水して餌を獲る習性があり、混獲発生メカニズムとして摂餌生態が重要であることを明らかにした。餌の競合が考えられる高次捕食者の食性情報を収集し、生態系における栄養段階や食物連鎖構造を把握するため、海域による食物連鎖と安定同位体比の関係を検討した。各地域漁業管理機関から求められている混獲データの収集・整理、混獲実態の把握、ホットスポットの特定や混獲削減・影響査定に必要な調査とデータ解析を実施した。混獲回避技術を我が国のまぐろはえ縄漁船に適合させるための高度化、実用化試験を行った。
アカアマダイの生物特性と釣針の選択性を考慮し、はえ縄で使用する釣針の大きさ別の加入当たり漁獲量と漁獲金額(Yield per recruit,YPR解析)、及び加入当たり産卵量(Spawning per recruit,SPR解析)を求め、これらによって、漁獲金額を最大にする釣針の大きさを決定するとともに、そのときの資源に与える影響も検討し、適正な釣針の大きさを提案した。
既存の混獲回避漁具を改良した結果、いずれの漁具でも、ズワイガニの7割以上を海中で脱出させ、アカガレイの7割以上を保持することが可能となり平成23年度と異なる海域での応用可能性が検証された。小型底びき網漁業については、平成23年度に作製した新潟県筒石漁港版の二段式分離網を改良したことによりトヤマエビはほぼ100%漁獲でき、カレイ類のサイズ選択性が向上した。
公海域のサンマ資源については、海面高度と好漁場にある程度の対応が見られた。効率的集魚技術に関して、水中灯利用により灯下に魚群を誘導して保持する効果を確認した。また、操業船での氷の補給手法の検討、輸出向けを想定した凍結製品の運搬船での試験生産を行った。
研究分担南浩史
山下秀幸
小倉未基
越智洋介
上野康弘
藤原邦浩
星野浩一
堀川博史
佐々木安之
平野満隆
貞安一廣
勝又信博
門田立
松永浩昌
木下貴裕
酒井猛
郄橋義文
高橋晃介
(開発調査センター
岡谷喜良
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 その他他省庁経費 その他
業績(1)?漁獲ストレスを受けたゴマサバの短期蓄養によるストレス回復
(2)軟泥域の底生動物の研究と境界層
(3)Experimental evaluation of multiple bycatch mitigation measures on pelagic longline operation in western north pacific
(4)延縄漁業におけるアホウドリ類の混獲分布に影響する要因
(5)mtDNA D-Loop領域の塩基配列分析によるキンメダイの集団構造について
(6)以西底びき網漁業技術の研究II. 袖網および身網に超高強ポリエチレン繊維を使用した低抵抗網の有効性の検討
(7)アーカイバルタグを用いたカツオの摂餌行動の検出手法開発
(8)H23年度さんま調査概要報告及びH24年度計画説明
(9)エコツーリズムから展望したエリアケーパビリティ
(10)生態系サービスの損失額の推定
(11)Daily growth rate model of Japanese anchovy larvae Engraulis japonicus in Hiuchi-nada Sea, central Seto Inland Sea
(12)日本海におけるサワラ雌の成熟と産卵
(13)A simulation framework to assess observer coverage for valuable fishes in Japanese observer data
(14)A proposal for the smooth introduciton of effective mitigation measures for seabirds in the longline fishery in the Atlantic ocean
(15)EU市場と秋サケ輸出に必要な条件〜グローバル化時代にこそ重要なローカル的取組み
(16)Improvement of data quality of seabird bycatch in Japanese scientific observer program
(17) H24年度さんま調査中間報告(漁期前情報及びヒジキムシ提供)
(18)渓流釣り遊漁者は解禁された禁漁区にどれくらい支払えるのか?
(19) 沖合底びき網(2そうびき)漁業における 新漁業生産システム実証船 「第一・第二やまぐち丸」の開発経緯
(20)H24年度さんま調査概要報告及びH25年度計画概要説明
(21)平成24年度地方公庁船による調査概要
(22)東シナ海のアカアマダイ延縄漁業における最適な釣針の大きさの検討
(23)東シナ海におけるアカアマダイの漁獲特性の解明および資源管理への応用
(24)改めて考える「日本海と漁業者にやさしい底びき網」
(25)平成24年度漁海況情報配信事業・漁場形成状況等調査事業報告書(以西底曳)
(26)Comparison of the effectiveness of paired and single tori lines for preventing bait attacks by seabirds and their bycatch in pelagic longline fisheries
(27)東シナ海のアカアマダイ延縄漁業における適切な釣針サイズの検討
(28)東シナ海から得られたアカアマダイとシロアマダイの交雑個体
(29)Preliminary view of bycatch hotspot: distribution of seabirds from tracking data, interaction map between seabird distribution and longline effort and by-catch distribution in the ICCAT convention area of the southern hemisphere
(30)東シナ海における以西底曳網漁業の操業の効率化
(31)底びき網の選択的漁獲に関する改良の簡易手法の実例
(32)遺伝的多様性低下の影響の知見整理
(33)渓流資源の遺伝的多様性の増大・維持による経済効果の検証
(34)中国船が長崎港へ水揚げしたキアマダイの素性について
(35)有用水産生物の光応答とLEDの活用
(36)東シナ海産アカアマダイの生殖年周期
(37)Japanese activity for developing seabird by-catch mitigation and its scientific evaluation in the pelagic longline fishery
(38)Bycatch distribution and standardized CPUE of sea turtle using data from Japanese scientific observer program of longline fishery in the Atrantic
(39)日本海の底魚類の再生産特性の種間比較-現在、多い種は、どんな再生産特性?-
(40)分子シャペロンCDC48によるタンパク質分解経路の制御機構
(41)平成24年度海洋水産資源開発事業(沖合底びき網漁業:日本海西部海域)調査結果概要(中間報告)
(42)H24年度さんま調査中間報告(漁期前情報提供)
(43)今年のサンマ漁期中に大量発生が想定されるサンマヒジキムシの寄生について(情報提供)
(44)サンマヒジキムシ寄生の大量発生に関する情報提供
(45)平成24年度海洋水産資源開発事業(沖合底びき網漁業:日本海西部海域)調査結果概要
(46)平成24年度海洋水産資源開発事業報告(速報)(沖合底びき網:日本海西部海域)
(47)ズワイガニ幼生の生存と発育日数に及ぼす水温と塩分の影響
(48)公海サンマ漁場開発調査について
(49)Evaluation of effectiveness of light streamer tori-lines and characteristics of bait attacks by sseabirds in the western North Pacific
(50)Relationship between seasonal variation in size of Jumbo flying squid (Dosidicus gigas) and environmental factors
(51)平成24年度 日本近海における混獲生物調査報告書(第二大慶丸まぐろはえ縄調査)
(52)ビデオ撮影による釣り機個別の釣獲状況の時系列観測 「平成24年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 事後評価用報告書」
(53)個体群の在来・非在来判別手法の開発
(54)mtDNA D-Loop領域の塩基配列分析によるアカアマダイの集団解析結果
(55)天然魚の経済的価値
(56)Prey resources used for producing egg yolks in four species of seabirds: insight from stable-isotope ratios
(57)漁獲状況および標識放流試験からみた近年の日本海におけるサワラの分布・移動
(58)日本周辺と台湾沿岸に生息するアカアアダイの遺伝的変異性
(59)Distribution of seabird by-catch using data collected by Japanese observers in 1997-2009 in the ICCAT area
(60)シリーズ【漁具診断】No.3 かけまわし漁具の動きと網に伝わる張力の関係
(61)タイ南部における海業に関する一考察
(62)渓流資源の遺伝的多様性の増大・維持による経済効果の検証
(63)東日本大震災後の水産物の利用と流通の変化について
(64)東シナ海産アカアマダイの生殖年周期
(65)?九州西岸に生育するホンダワラ属13種の付着器からの再生能力
(66)漁業資源の繁殖特性研究 IV-1. ヒラメ
(67)近年の日本海中部沿岸域におけるサワラの漁況予測手法
(68)長崎と大分の市場に水揚げされたアカアマダイとキアマダイの交雑個体
(69)The food composition of Laysan and Black-footed Albatrosses in the North Pacific from 2010 to 2011
(70)The fisheries biology of hairtail in the East China Sea
(71)回帰サケの省エネ行動ー夜間は月光が道案内ー
(72)資源評価モデルにおける選択率問題: Selectivity workshop in La Jolla
(73)国際水産資源研究所の所管事項
(74)平成23年度海洋水産資源開発事業報告書(沖合底びき網:日本海西部海域)
(75)平成23年度 日本近海における混獲生物調査報告書(第二大慶丸まぐろはえ縄調査)
(76)H24年度さんま調査結果概要報告
(77) 平成24年度海洋水産資源開発事業(北太平洋さんま漁業)報告(速報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203287
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat