(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発

(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発

課題番号2012020502
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要藻場、干潟及び砂浜について、機能を低下させる要因の解明と人工構築物による環境改変効果の検証を進めた。
藻場を構成するホンダワラ類などの海藻と食害動物(ウニ、イスズミ類など)及び有用動物(メバル、イセエビなど)との相互関係を把握するとともに、海洋環境観測と海藻・海草類の成長量・被度等のデータを自動発信するシステムの技術開発を進めた。
干潟については、稚魚や未成魚の食性を把握し、アサリ等二枚貝類の採卵及び幼生の飼育手法を開発した。
開放性砂浜域でのチョウセンハマグリ等二枚貝類及びスズキ等の稚仔等の分布特性を把握するとともに、海浜変形モデルの改良により養浜事業等の事例に概ね良好に適用可能であることを確認した。
沿岸域における環境要因、低次生態系の実態解明を進めるため、流動モデルの精度向上を図り現地観測結果と併せて検討した結果、栄養塩類の動態及び一次生産量とマクロベントス現存量との間には砂質または泥底等の底質条件が複雑に関係することを見出した。また、沿岸海水の二酸化炭素分圧(pCO2)の日周変化を把握して飼育環境中での再現への基礎データを取得するとともに、高pCO2環境による沿岸性貝類等の殻形成への影響を予備的に把握した。
研究分担桑原久実
浜口昌巳
堀正和
高見秀輝
高田宜武
木元克則
阿保勝之
張成年
澁野拓郎
吉村拓
齊藤肇
下田徹
樽谷賢治
松山幸彦
鬼塚年弘
坂西芳彦
内田基晴
辻野睦
村岡大祐
崎山一孝
協力分担関係北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
港湾航空技術研究所
愛媛大学南予水産研究センター
独立行政法人国立環境研究所
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金 水産庁・その他 環境省競争的資金 その他他省庁経費 その他
業績(1)Laboratory and field studies on gill and kidney associated virus in the pen shell Atrina lischkeana (Mollusca: Bivalvia)
(2)Development of microsatellite loci in the common reef starfish Linckia laevigata and Linckia multifora.
(3)Population structure and reproduction of the mysid shrimp Acanthomysis thailandica (Crustacea: Mysida) in a tropical mangrove estuary, Malaysia
(4)Occurrence and distribution of freshwater shrimp in the Isazu and Yura Rivers, Kyoto, western Japan
(5)Shelter effects of coralline algal turfs: protection for Turbo cornutus juveniles from predation by a predatory gastropod and wrasse
(6)東シナ海長江希釈水影響域における低次生態系の変調と長江からの栄養塩負荷変動との関連把握
(7)Fluoride in non-symbiotic coral associated with seawater carbonate
(8)High nutrients in the coastal area after heavy rain observed in the central Seto Inland Sea in July 2012
(9)日本海側の砂浜汀線域における二枚貝類の分布と体長組成
(10)貧酸素水塊の連続観測計画と懸濁物輸送に関する研究
(11)軟泥域の底生動物の研究と境界層
(12)干潟の餌環境の指標としてのアサリ資源の変動が魚類生産へ及ぼす影響,シンポジウム「周防灘の環境と水産を考える ー瀬戸内海西部に残った漁場の危機と今後の展望」
(13)国内で採取したハマグリMeretrix lusoriaの遺伝子並びに形態解析
(14)Connectivity between mangrove and coral reef: a case study on recruitment of cryptic animals in coral rubble
(15)東日本大震災による震源地近傍のアマモ群落への影響
(16) 新刊書紹介「標本の世界」
(17)イスズミ類の行動特性の解明と藻場への影響度の評価
(18)生物環境の調査法
(19)鹿島灘〜九十九里におけるチョウセンハマグリ浮遊幼生分布調査の概要
(20)荒崎における沿岸海水中の二酸化炭素量の日周変動−海洋酸性化は遠い未来のことか−
(21)漁業の再生に向けて
(22)漁場環境生物多様性指標等開発事業のうち「漁場環境生物多様性評価指標の開発」 平成24年度報告書
(23)カイヤドリウミグモの寄生被害を回避軽減するためのアサリ放流生産手法の開発
(24)生物多様性に関する文献調査
(25)太平洋側外海砂浜域における漁場環境診断手法の開発
(26)海洋プランクトンの生物多様性研究におけるメタゲノム網羅解析の実践
(27)thirty-two polymorphic maicrosatellite loci in the mysid crustacean Mesopodopsis tenuipes
(28)加古川河口域ノリ養殖場に及ぼす陸域からの栄養塩供給の影響
(29)?瀬戸内海で採集されたアルビノのクサフグTakifugu niphobles(フグ科)
(30)?Effect of salinity and substrate grain size on larval settlement of the asari clam?(Manila clam, Ruditapes philippinarum)
(31)アサリの非対称殻模様出現頻度における地域差
(32)砂浜海岸汀線域における簡便な漂砂挙動の推定法
(33)リシケタイラギが利用する海底直上水の高さの推定
(34)2011年秋季の瀬戸内海におけるアイゴによる藻場への食害状況−特にアマモ場について食害の程度と群落衰退との関係ー
(35)カキ礁域における懸濁物質、栄養塩等の時空間的変動特性の把握
(36)潜水漁業者の取り組む磯焼け域での藻場造成
(37)?Impact of ocean acidification on early development of economically valuable gastropods
(38)Effects of the mega-earthquake and tsunami on rocky shore ecosystems on Sanriku Coast, Japan
(39)Bottom shapes, sediment qualities and hydraulic conditions in relation with spatial patterns of clams
(40)広島湾の底生微細藻類現存量について
(41)瀬戸内海で観測された降雨後の高栄養塩濃度について
(42)ポット型無換水飼育によるイセエビフィロソーマ向け餌料素材の探索
(43)アサリ殻模様の非対称型出現頻度の地域差
(44)カイヤドリウミグモの寄生を回避するための アサリ飼育手法について
(45)大型藻類における生産性と耐久性のトレードオフ
(46)WG24 response to FUTURE questionnaire
(47)イスズミ類の行動特性の解明と藻場への影響度の評価
(48)新刊書紹介文(甦る有明海ー再生への道程)
(49)「平成24年度漁場温暖化対策推進費」藻場・干潟等の炭素吸収源評価と吸収機能向上技術の開発委託事業(2) 九州の藻場面積の情報収集並びに生産量、現存量の調査 平成24年度中間検討会資料
(50)環境調査(底質色素量および炭素窒素安定同位対比)
(51)干潟マクロベントス
(52) (4)生物群集間の統合的解析
(53)Annual report of western Seto Inland Sea (Core Site)
(54)平成24年度水産基盤整備調査委託事業年度報告書(アサリ資源回復モデルの開発と実証)
(55)カイヤドリウミグモNymphonella tapetis地域集団の遺伝的分化と分類学的位置
(56)SEM observations on larval shell morphology of Manila clam Ruditapes philippinarum and their utility.
(57)Spatial variation in population dynamics of the sand-burrowing amphipod Haustorioides japonicus
(58)東部東シナ海表層における一次生産の季節変化
(59)漁業者による栄養塩簡易分析手法の検討
(60)野外実験によるイスズミ類摂餌選択性推定の試み
(61)日本海南西海域山口県沖におけるクロロフィルの変動
(62)Manipulating top-down effects on ecosystem functioning of seagrass beds in southern Japan: a result from Zosterea Experimental Network
(63)The difference in biodiversity of phytal animals on seagrass in subtropical coastal waters with high, intermediate and low load of nutrients
(64)降雨後に観測された沿岸海域の高栄養塩濃度について
(65)千葉県盤洲干潟と富津干潟におけるカイヤドリウミグモ自由生活成体の出現動態
(66)平成24年度海洋調査実施経過報告
(67)イスズミ類の行動特性の解明と藻場への影響度について
(68)平成24年度海面養殖業振興対策事業のうち 新たなノリ色落ち対策技術開発のうち 「沿岸海域の栄養塩管理技術の開発委託事業」成果報告書
(69)Large-scale mono-clonal structure in the north peripheral population of blue coral, Heliopora coerulea.
(70)Tidal and low-frequency (geostrophic) currents along the CK Line (31 deg 45 min N) over the East China Sea shelf.
(71)Comparison of fluorometric and spectrophotometric methods for determination of chlorophyll-a in coastal seawater samples
(72)Further record of the shallow water mysid Heteromysis proxima W. M. Tattersall, 1922 (Mysida) from the Malacca Strait
(73)Low species diversity of hermatypic corals on an isolated reef, Okinotorishima, in the northwestern Pacific
(74)鹿児島県笠沙町崎ノ山の造成藻場はなぜ長期間,広域に維持,拡大したのか
(75)東日本大震災による宮城県沿岸の岩礁藻場生態系への影響
(76)鹿島の海で何が起きているのか
(77)微生物群集の代謝機能の多様性に着目した干潟・漁場底泥の特性評価指標の探索
(78)砂浜海岸汀線域の底質硬度からの飽和状態の推定
(79)鹿島灘〜九十九里沿岸における多種二枚貝類浮遊幼生の分布
(80)RS/GISを用いた藻場の空間分布解析
(81)水質・底質・サルボウ斃死について
(82)Comparative study on ecosystem responses to anthropogenic activities and natural stressors among inland, shelf and oceanic waters around Japan
(83)新潟県北部海域および対馬周辺海域におけるアカムツ仔魚の水平分布
(84)Asymmetric shell marking type of Asari clam Ruditapes philippinarum: a novel phenotypic marker for investigating local difference and re-stocking.
(85)再生藻場における水産涵養効果の評価
(86)再生藻場における水産涵養効果の評価
(87)栄養塩
(88)カキ礁域におけるカキ及び底生生物の分布特性
(89)東部瀬戸内海における窒素・リンの動態解明と栄養塩管理技術の開発
(90)食害深刻海域における実態調査
(91)シャットネラの日周鉛直移動リズムは光環境に制御される
(92)?クロアワビの消化酵素活性と消化管内容液細菌叢モニタリングのための消化管内容液採取法
(93)?断続的な貧酸素曝露がアサリの栄養状態および貧酸素耐性に与える影響
(94)消化酵素活性によるアサリ摂餌状況評価の試み
(95)夏季の有明海北西部における海底堆積物の有機物組成の時系列変化と貧酸素水塊の消長
(96)PROBABILITY OF SYMBIOSIS ESTABLISHMENT BY GIANT CLAMS WITH FRESH AND CULTURED SYMBIODINIUM ISOLATED FROM VARIOUS HOST ANIMALS
(97)瀬戸内海の藻場と漁業生産(学会賞受賞講演)
(98)牽引式アサリ稚貝吸引装置の開発
(99)Where did the parasitic sea spider Nymphonella tapetis come from and belong to?
(100)日本産マジリモクSargassum carpophyllumとシマウラモクS. incanum(褐藻綱・ヒバマタ目)の分類学的検討
(101)新潟沿岸に生育する海産大型植物の機能評価の試み
(102)Genetic comparison among local populations and phylogenetic inference of a bivaive-parasitic sea spider Nymphonella tapetis in Japan.
(103)Natural seed collection and suspended culture of Asari clam
(104)我が国におけるアワビ資源生態研究の現状−エゾアワビ−
(105)海洋顕花植物の生態系機能に及ぼす小型無脊椎動物群集の影響
(106)千葉県富津干潟におけるカイヤドリウミグモ自由生活成体の分布の地理空間分析
(107)栄養塩情報交換会について
(108)平成24年度地球温暖化対策推進費委託事業「藻場・干潟の炭素吸収減評価と吸収機能向上技術の開発」報告書
(109)本州中央部の藻場面積の情報収集並びに生産量、現存量の把握
(110)カキ礁のカキの代謝特性および摂餌特性の評価
(111)カキ礁における魚類の分布と摂餌生態
(112)バクテリアの分解機能評価による多様性指標の開発
(113)藻場の資源供給サービスの定量・経済評価と時空間変動解析による沿岸管理方策の提案:藻場の生物群集および生産構造を規定する環境要因の探索
(114)藻場・干潟の面積簡易調査手法の開発とその全国評価
(115)What is the optimal density of larval seeding in Acropora corals?
(116)? 有明海湾奥西部海域の底質変動特性
(117)Genetic structure of Culusita sp. pincushion starfish in the coral Triangle.
(118)瀬戸内海における海洋環境モニタリング調査とデータの活用
(119)瀬戸内海東部における海域別の栄養塩収支
(120)大阪湾におけるマクロ・メイオベントスの分布-2003年と2011年の比較?
(121)佐渡島沿岸における水中の光環境と海草の生育限界水深の関係
(122)瀬戸内海ブロックにおける海況の特徴と長期変動
(123)炭素窒素安定同位体比を用いた干潟生態系における食物網の多様性の解析
(124) 「平成24年度漁場温暖化対策推進費」藻場・干潟等の炭素吸収源評価と吸収機能向上技術の開発委託事業(2) 九州の藻場面積の情報収集並びに生産量、現存量の調査 平成24年度末報告書
(125)2)藻場・干潟炭素循環モデル検証のための野外調査
(126)アマモ等海草葉上動物
(127)アコヤガイ付着期稚貝の同定技術の開発
(128)炭素吸収量評価のための藻場・干潟炭素循環モデルの試作運用と改良
(129)続・サンゴ礁の有毒魚ソウシハギにご注意を!
(130)日本海側外海砂浜域における漁場環境診断手法の開発
(131)A new species of Anisomysis Hansen, 1910 (Mysida, Mysidae) from inshore waters of a small island in the Andaman Sea
(132)相模湾東岸における大型アワビ類浮遊幼生の出現動態に影響する環境要因
(133)Estimation of aboveground biomass in mangrove forests using high-resolution satellite data
(134)硝酸塩センサーを用いたノリ漁場栄養塩モニタリング
(135)?東シナ海北部大陸棚域における長江希釈水中の栄養塩環境の変遷−長江からの栄養塩負荷変動と植物プランクトン種の関連−
(136)有明海奥部における硫化水素等の還元物質の動態と生物生息環境への影響の評価
(137)アサリをモデルとした大阪湾および周辺海域の干潟生物ネットワ−クの解明
(138)周防灘のアサリ資源崩壊と個体群の現状
(139)植食性魚類ノトイスズミの日周移動
(140)藻場における海草葉上動物の多様性
(141)瀬戸内海・周防灘中津干潟に おける絶滅危惧種アオギスの最新の生息状況
(142)新潟周辺の砂浜における小型甲殻類の分布と砂浜の立地要因
(143)長江起源水による東シナ海生態系の変調把捉に関する研究
(144)WG24 Progress Report 2012
(145)食害深刻海域における実態調査
(146)WG-24 Meeting Report 2012
(147)コンブ類、物理環境モニタリングについて
(148)イスズミ類の行動特性の解明と藻場への影響度の評価
(149)(3)マクロベントス幼生の出現様式に着目した多様性評価手法の開発
(150)アサリをモデルとした大阪湾および周辺海域の干潟生物ネットワークの解明(その2)
(151)炭素窒素安定同位体比を用いた 食物網の多様性評価手法の開発
(152)漁業と生物多様性との関わりについての総合的検討
(153)モニタリングサイト1000沿岸域調査:アマモ場調査
(154)内海域における漁場環境診断手法の開発
(155)メイオベントスを用いた多様性評価手法の開発
(156)?九州西岸に生育するホンダワラ属13種の付着器からの再生能力
(157)Field measurement and modeling of nearbed sediment transport processes with fluid mud layer in Tokyo Bay
(158)??魚類によるアサリ食害 ?野外標本に基づく食害魚種リスト???
(159)新潟市砂浜海岸におけるスナガニの炭素・窒素安定同位体比による食性解析
(160)A new record of the Kumamoto oyster Crassostrea sikamea in the Seto Inland Sea, Japan
(161)Seasonal variation of primary production at the surface in the east part of the East China Sea
(162)懸濁物による栄養塩吸脱着の重要性
(163)Nutrient management for sustainable Nori (Pyropia yezoensis) aquaculture in the Seto Inland Sea, Japan
(164)海草藻場におけるアマモ局所個体群間の遺伝的分化
(165)Effect of coastal seascape diversity on associated fish production
(166)Hanging culture of Asari clam, Ruditapes philippinarum, utilizing oyster culture rafts in Toba area, Japan
(167)マガキおよびシカメを簡便・迅速に判別する遺伝学的手法の開発
(168)瀬戸内海広島湾の石積み護岸マウンド上における海産植物相の変遷
(169) 「平成24年度漁場温暖化対策推進費」藻場・干潟等の炭素吸収源評価と吸収機能向上技術の開発委託事業(2) 九州の藻場面積の情報収集並びに生産量、現存量の調査 平成24年度年度末検討会資料
(170)(3)生物群集と生息環境の統合的解析
(171)沿岸環境診断手法開発事業のうち太平洋側外海砂浜域における漁場環境診断手法の開発
(172)メイオベントス(干潟・藻場)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203290
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat