(エ)さけます資源の維持と合理的な利用技術の開発

(エ)さけます資源の維持と合理的な利用技術の開発

課題番号2012020504
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(エ)さけます資源の維持と合理的な利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要サケ、サクラマス、カラフトマス等について、個体群を維持するためのふ化放流を実施するとともに、民間ふ化場への技術普及、河川、地域個体群の資源状態や生息環境、遺伝的多様性等の把握のための調査を実施し、
サケ種苗の安定生産のため、卵膜軟化症対策として閉鎖循環式の種苗生産システムの試作を行った。
健苗性評価手法検討の一環として、異なる塩分濃度による海水適応能実験等を実施するとともに、種苗の栄養状態の指標としてトリグリセリド(中性脂肪)を候補としてあげた。
地域特性に合った放流技術を開発するため、モデル河川における耳石標識魚の回収とデータ解析を行い、石狩湾等で耳石標識親魚を確認した。
サケ資源変動について要因解析に取り組み、来遊資源変動と海洋環境との関係を解析し、資源動態モデルを改良するとともに、スケトウダラの沿岸来遊を変動要因の候補として抽出したほか、年齢別成熟率についての沖合データを利用して資源評価手法の改良を検討した。
沿岸漁獲サケ親魚の鱗と遺伝形質に基づく起源推定手法の改善を検討した。
サケ及びカラフトマスの自然再生産実態の把握と定量化に向け、モデル河川での遡上親魚数を推定した。サケ回帰親魚に占める野生魚(自然産卵魚)の割合は、北海道全体で3割近くに及ぶと試算され、今後、自然再生産も考慮したサケ資源管理方策の検討が必要であることが示唆された。
さけます類の放流魚と野生魚の生態的・遺伝的比較評価指標の作成のため、組織標本と繁殖形質データの収集・分析を行い、河川によってはデータの年変動が存在することを明らかにした。
サクラマス野生集団の保全と自然再生産促進に向け、遊漁実態の把握、野生魚比率の推定等を行い、天然再生産が良好な河川ではふ化放流効果は限定的であるという示唆を得た。
研究分担伴真俊
斎藤寿彦
大熊一正
玉手剛
藤瀬雅秀
小倉康弘
森田健太郎
清水智仁
飯田真也
戸叶恒
北口裕一
佐々木系
大貫努
羽賀正人
伊藤洋満
矢野豊
浦和茂彦
渡邉久爾
佐藤俊平
八重樫博文
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金 文科省・JST競争的資金 その他他省庁経費
業績(1)Henneguya cartilaginis n. sp. (Myxozoa: Myxosporea) in the head cartilage of masu salmon Oncorhynchus masou masou
(2)Long-term Trends of Sea Ice and Fishery Production in the Okhotsk Sea Coast of Hokkaido
(3)人工ふ化放流河川におけるサケの成熟年齢・サイズの野生魚−放流魚間比較
(4)耳石温度標識を用いたサクラマス放流魚の生残とスモルト出現数の推定
(5)沿岸海域および水揚げ場におけるバルニフィカス菌の動態解明
(6)?A concise review of geographic variation in adult body size in anadromous masu salmon
(7)食酢塩水浴がサケ稚魚の嗅覚応答に与える影響
(8)Japan Salmon Commercial Fisheries Catch Statistics for 2011
(9)人工ふ化放流河川におけるサケ野生魚の割合推定
(10)Contribution of naturally-spawned chum salmon to the total catch in Hokkaido rivers where hatchery-reared chum salmon are released
(11)千歳川産サケ稚魚の沿岸域調査におけるCPUEと回帰率の関係
(12)Determining the diet of larvae of western rock lobster (Panulirus cygnus) using high-throughput DNA sequencing techniques.
(13)?Food habits of introduced brown trout and native masu salmon are influenced by seasonal and locational prey availability.
(14)Migratory patterns of anadromous white-spotted charr in eastern Hokkaido, Japan.
(15)三陸のサケふ化放流復活を目指して ?安全な用水を確保する?
(16)水温上昇がサクラマスの生活史と個体群動態に及ぼす影響
(17)ベーリング海海盆域表層生態系における捕食者の回遊・漁業・気候の影響
(18)北海道千歳川のウライ上流域におけるサケの自然再生産効率
(19)外来サケ科魚類の侵入に関わる生態学研究
(20)Releases of otolith marked salmon from Japan in fall of 2011 and spring of 2012
(21)Spatial distribution of female masu salmon, Oncorhynchus masou, with male-specific marker growth hormone pseudogene in Hokkaido
(22)放流されたサケ稚魚は、いつ、どこを通って川を下るのか?
(23)Restoration of wild chum salmon resources by artificial hatching and stocking
(24)タイセイヨウサケと本邦系サケ科魚類の競合性
(25)外来種ブラウントラウトが魚類群集に与える影響:種数-面積の関係に着目して
(26)人工ふ化放流河川におけるサケ野生魚の割合推定
(27)ベーリング海および中部北太平洋におけるサケの成熟率の評価、1971-2010年
(28)震災後の本州太平洋サケ個体群動態分析: 放流数確保と漁獲努力量制御の関係
(29)北海道西別川に放流されたサケ稚魚の栄養状態と飢餓耐性
(30)サケ(シロザケ)日本系
(31)Ecological and Economic Effects of Sea Ice on Fisheries Researches in the Okhotsk Sea
(32)カラフトマス放流魚の漁業資源への添加率推定
(33)高分子大豆タンパク質がニジマスの胆汁酸の排泄を促進する
(34)サケの放流適期:最適な時期とサイズの探索
(35)消費市場の取扱量からみた三陸養殖銀ザケ価格暴落の要因
(36)水産業を取り巻く現状と課題?震災後の三陸秋サケ産業による復興への挑戦
(37)北海道太平洋東部沿岸を回遊するサケ幼稚魚の地理的起源
(38)人工ふ化放流河川におけるサケの卵サイズ・孕卵数の経年変化
(39)カラフトマスの来遊数変動と表面海水温の関係
(40)The summer 2012 Japanese salmon research cruise of the R/V Hokko maru
(41)Preliminary 2011 Salmon Enhancement Production in Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203292
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat