(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発

(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発

課題番号2012020505
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要八代海等における有害赤潮プランクトンの短期動態予測技術の開発のため、自動観測ブイの改良と連続観測を行い、豪雨に伴う表層塩分の低下後に表層クロロフィル濃度が増大する傾向を捉えた。八代海における過去のシャットネラ赤潮発生年と非発生年を比較し、また、中長期的赤潮予察の可能性を見い出した。八代海産のシャットネラ及びスケレトネマを用いて、生残、増殖に及ぼす光環境の影響を把握するとともに、八代海産シャットネラ培養株を用いて窒素利用特性を把握するなど、赤潮生物の生理生態特性を解明した。
有害赤潮プランクトンの防除技術及び漁業被害軽減技術を開発するため、スズキ目魚類を用いた暴露試験を実施するとともに、天然由来の高活性抗酸化剤の強制投与による魚類の延命効果の検討、改良粘土のシャトネラに対する効果の確認を行った。
大型クラゲ等の発生源の特定と発生来遊の早期予測技術を開発するため、東シナ海、対馬海峡における大型クラゲの分布状況を把握するとともに、国際共同調査により中国の排他的経済水域での分布調査を実施した。国際フェリーの目視調査結果を対馬の定置網への大型クラゲ入網数と比較し、目視調査の有効性を確認した。日本海海況予測システムを用い大型クラゲの日周鉛直移動、死亡水温、対馬海峡における流入時期・場所、流入密度推定のアルゴリズムを導入し予測計算を高度化した。大型クラゲの出現とCTD(電気伝導度、温度、水深)観測データとの関係を解析し、大量出現年には大型クラゲの最大密度は低塩分・高水温水塊で確認され、非出現年には長江起源の低塩分水が対馬周辺に到来していないものと推定した。
研究分担長谷川徹
木元克則
加藤修
豊川雅哉
郄尾芳三
井口直樹
渡邊達郎
外丸裕司
板倉茂
松山幸彦
清水学
長崎慶三
坂本節子
鬼塚剛
中山奈津子
山口峰生
長井敏
紫加田知幸
伏屋玲子
有害物質グループ
協力分担関係独立行政法人水産大学校
名古屋大学地球水循環研究センター
広島大学
山形大学
鹿児島県水産技術開発センター
熊本県水産研究センター
兵庫県立農林水産技術総合センター 但馬水産技術センター
鳥取県水産試験場
島根県水産技術センター
山口県水産研究センター
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省・その他 環境省競争的資金 その他他省庁経費 その他
業績(1)Ultrastructural observation of natural field phytoplankton cells by using rapid freezing and freeze substitution.
(2)Blue light regulates the rhythm of diurnal vertical migration in the raphidophyte red-tide alga Chattonella antiqua
(3)東シナ海長江希釈水影響域における低次生態系の変調と長江からの栄養塩負荷変動との関連把握
(4)Shell matrix protein genes derived from donor expressed in pearl sac of Akoya pearl oyster (Pinctada fucata) under pearl culture
(5)水質鉛直観測後のデータ処理について
(6)2011年の燧灘・大阪湾におけるChattonella属シストの分布密度と休眠打破におよぼす温 度の影響
(7)Diatom viruses isolated from Japanese coastal waters
(8)Pennate diatom viruses are similar to centric diatom viruses
(9)八代海におけるChattonella赤潮発生パターンの年による違い
(10)Planktonic ciliates as a prey source for moon Jellyfish Aurelia aurita: feeding activity and growth effects of ephyra and metephyra stages
(11)北海道沿岸におけるトド漁業被害とその対策
(12)Physical environment in the Yellow Sea and East China Sea in 2012
(13)?Survey of wild ephyrae of giant jellyfish in 2012
(14)珪藻ブルーム期間中のDNA/RNAウイルスの出現
(15)有害赤潮鞭毛藻Chattonella antiquaおよび Karenia mikimotoiの日周鉛直移動に及ぼす 塩分勾配の影響?
(16)国際フェリー目視(博多ー釜山間)
(17)有害赤潮藻ヘテロカプサの分布域北上現象 −佐渡島加茂湖での赤潮によるマガキの大量死−
(18)Factors controlling the spatio-temporal distribution of the 2009 Chattonella antiqua bloom in the Yatsushiro Sea, Japan
(19)Nano-sized wonder in red tides: surprised attack and peaceful coexistence.
(20)羽状目珪藻感染性ウイルスのゲノム性状
(21)水質鉛直データの活用
(22)Diversities of diatom viruses isolated from Japanese coastal waters
(23)Aurelia swarms originate from polyps near the baymouth, evidence from Mikawa Bay and Ise Bay.
(24)Effect of monoculture of raphidophyte Chattonella antiqua on the survival rate of the juvenile Japanese amberjack Seriola quinqueradiata
(25)海況予測システムFRA-ROMS精度検証
(26)新奇凸凹表面寒天プレートを用いた円心目珪藻の培養
(27)2012年秋季の日本海沖合域におけるエチゼンクラゲの分布特性
(28)日中韓共同による大型クラゲの出現予測技術の高度化等 ①出現予測技術の高度化
(29)有明海奥部における貧酸素水塊の連続観測
(30)?High Interaction Variability of the Bivalve-Killing Dinoflagellate Heterocapsa circularisquama Strains and Their Single-Stranded RNA Virus HcRNAV Isolates
(31)A unique method for culturing diatoms on agar plates.
(32)東部東シナ海表層における一次生産の季節変化
(33)Bacterial communities help survivals of diatom populations from viral attacks
(34)周防灘の中津地先におけるナルトビエイの来遊尾数
(35)漁師を悩ますミズクラゲの群れは、どこにできるのか
(36)?Preliminary Study on the Bioturbation Activity of the Subcrenated Ark Shells, Scapharca kagoshimensis
(37)Application oh LDH-release assey to cellular-level evaluation of the toxic potencial of harmful algal species
(38)前線近傍で発生する上昇流と下降流
(39)Numerically simulated migration/distribution of Nemopilema nomurai in the Japan Sea using temperature-based controls
(40)夏季の対馬周辺海域におけるエチゼンクラゲ(Nemopilema nomurai)の鉛直分布
(41)トド上陸場モニタリングシステムの構築
(42)Distribution of Nemopilema nomurai in the Tsushima Straits determined by visual survey from a ferry in 2012
(43)Distribution of Nemopilema nomurai in the East China Sea in 2012
(44)メタゲノム解析による海洋プランクトンの海域特性の解明
(45)Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 Outbreak of giant jellyfish Nemopilema nomurai and the introduction of countermeasure project in Japan
(46)2009-2012年夏季の対馬西側海域における エチゼンクラゲ(Nemopilema nomurai)の鉛直分布
(47)③新奇有害プランクトンの簡易モニタリング技術開発、生理生態の解明
(48)平成24年度有害生物出現調査並びに有害生物出現情報収集・解析及び情報提供委託事業 調査結果報告書
(49)カキ礁域におけるカキ及び底生生物の分布特性
(50)First record of wild ephyrae of the giant jellyfish Nemopilema nomurai.
(51)Establishment of a bacterial expression system and immunoassay platform for the major capsid protein of HcRNAV, a dinoflagellate infecting RNA virus.
(52)Patterns of post-glacial genetic differentiation in marginal populations of a marine microalgae.
(53)東部瀬戸内海におけるChattonella属シストの動態 II. 休眠・発芽特性
(54)海水および陸水域におけるウイルス・ファージの動態と研究の現状
(55)Resting Stage Cells Of The Harmful Diatom Asteroplanus karianus,?A Causative Organism In The Discoloration Of Porphyra Thalli
(56)タイセイヨウサケと本邦系サケ科魚類の競合性
(57)ミズクラゲ平衡石の硫黄同位体比の分析
(58)日本海へ輸送されるエチゼンクラゲ個体数
(59)赤潮藻Chattonella antiquaおよびSkeletonema marinoiの生残・増殖に及ぼす光環境の影響
(60)三河湾湾口の島におけるミズクラゲポリプの動態
(61)平成24年度 漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業 赤潮・貧酸素水塊漁業被害防止対策事業報告書「新奇有害プランクトンに係る発生・増殖機構の解明、モニタリング及び予察技術に関する研究」新奇有害プランクトン同定研修会
(62)有明海における赤潮・貧酸素モニタリングの高度化
(63)有明海における貧酸素水塊発生機構の解明
(64)カキ礁のカキの代謝特性および摂餌特性の評価
(65)カキ礁における魚類の分布と摂餌生態
(66)Interannual variations in material transports through the eastern channel of the Tsushima/Korea Straits
(67)Seasonal variation of counterclockwise eddy downstream of Tsushima Islands
(68)Species sensitivity distribution approach to primary risk analysis of the metal pyrithione photodegradation product, 2,2'-dipyridyldisulfide in the Inland Sea and induction of notochord undulation in fish embryos
(69)?瀬戸内海の赤潮
(70)ゲノム情報で海を探る−メタゲノム解析による海洋生物の多様性と環境評価
(71)バクテリアの助けによる珪藻Chaetoceros tenuissimus のウイルス抵抗性
(72)曝露実験によるガザミ種苗に対する有害ラフィド藻Chattonella antiquaの影響評価
(73)Low temperature excludes medusae of Nemopilema nomurai in the Japan Sea in winter?
(74)Ecophysiology of the harmful dictyochophyte Pseudochattonella verruculosa
(75)海況予測システムFRA-ROMSによる現況把握・海況予測
(76)Giant jellyfish survey lines, stations and methods of FRA
(77)梅雨末期の八代海における微小動物プランクトンの短期動態
(78)Distribution of Nemopilema nomurai in the offshore waters of the Japan Sea in the autumn of 2012
(79)梅雨末期の八代海における植物プランクトンの増殖動態
(80)東シナ海及びその隣接水域等における大型クラゲモニタリング調査 <中国水域調査>・<中国沿岸域調査>
(81)東シナ海及びその隣接水域等における大型クラゲモニタリング調査
(82)シャトネラ属有害プランクトンの水産生物への影響解明(I)
(83)平成24年度大型クラゲ国際共同調査事業報告書「日中韓共同による大型クラゲの出現予測技術の高度化等,①出現予測技術の高度化」
(84)?Algicidal activity of thiazolidinedione?derivative?TD49 against the ?harmful dinoflagellate Heterocapsa circularisquama in a mesocosm enclosure
(85)Isolation and characterization of a single-stranded RNA virus that infects the marine planktonic diatom Chaetoceros sp. (SS08-C03).
(86)?東シナ海北部大陸棚域における長江希釈水中の栄養塩環境の変遷−長江からの栄養塩負荷変動と植物プランクトン種の関連−
(87)Distribution of Nemopilema nomurai in Japan Sea?related with branching and joining of the Tsushima Current
(88)海産珪藻Chaetoceros tenuissimus の挙動におよぼすDNA/RNA ウイルスの影響
(89)Dynamics of Chaetoceros tenuissimus and its viruses in Hiroshima Bay, Japan
(90)橘湾・有明海南部におけるChattonella赤潮の出現動態
(91)Viral impacts on bloom-forming microalgae in marine environments
(92)八代海における有害赤潮プランクトンChattonella antiquaおよびCochlodinium polykrikoides の増殖制限因子
(93)Inportance of swimming-depth model of jellyfishes Nemopilema nomurai in simulation of their migration in the Japan Sea
(94)Development of A Simple and Rapid Detection for Harmful Red Tide Algae by LAMP Method
(95)Application of metagenome analysis to plankton monitoring. 15th International conference on Harmful Algae
(96)Inoculation effect of frozen sediment containing a variety of HcRNAV for Heterocapsa circularisquama bloom.?
(97)Distribution of the giant jellyfish (Nemopilema nomurai) around the Tsushima strait in July 2012.
(98)マダイ鰓の培養細胞を用いた赤潮プランクトンの毒性評価法の開発
(99)三河湾のミズクラゲ集群出現過程の解明
(100)八代海における赤潮モニタリングの高度化
(101)Seasonal variation of primary production at the surface in the east part of the East China Sea
(102)次世代シーケンスによるプランクトンモニタリング手法の開発
(103)海産珪藻Chaetoceros tenuissimusのウイルス感受性に与える水温の影響
(104)東部瀬戸内海におけるChattonella属シストの動態?I. 存在密度と水平分布
(105)Contribution of HcRNAV viruses against Heterocapsa circularisquama bloom by inoculating frozen sediment.
(106)Viral impacts on population dynamics of a bloom-forming diatom Chaetoceros tenuissimus
(107)有毒渦鞭毛藻の分子同定技術の開発について
(108)海況予測システムFRA-ROMSによる日本南岸域の海況特性の把握
(109)Inportance of swimming-depth model for numerical simulation of Nemopilema nomurai migration/distribution in the Japan Sea: What will happen when a typhoon passes over?
(110)海産珪藻Chaetoceros tenuissimusのブルーム期間におけるDNA/RNAウイルスの出現パターン
(111)梅雨末期の八代海における微小動物プランクトンの短期動態とその変動要因
(112)赤潮プランクトンChattonella antiquaのマダイに対する影響
(113)珪藻Chaetoceros tenuissimusのウイルス抵抗性におよぼすバクテリアの影響
(114)瀬戸内海西部および英虞湾におけるChattonella属シストの高密度分布
(115)Karenia mikimotoiの生理・生態学的特性
(116)⑥佐渡島加茂湖で発生した有害赤潮藻ヘテロカプサの生理特性ならびに殺藻性微生物との関係の解明
(117)平成24年における赤潮発生状況と海況の特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030203293
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat